二日酔い予防で大事なポイント!

 

二日酔いを予防する時、大事になってくるのが『アルコールの体内吸収を遅くさせること』です。
身体が体内吸収しやすい状態である『空腹時』が、二日酔いをしやすい最も危険なタイミングだと言われています。
そのため、二日酔いをしたくない人は、デキるだけアルコールの体内吸収を妨げる食品を摂取することで、二日酔い予防が期待できます!
そこで、アルコールの体内吸収を妨げる食品というのは、具体的に何があるかというと、『緑茶』なんです。
緑茶の中に含まれている、カテキンが二日酔い予防に効果があるのです。
カテキンはアルコールの体内吸収をゆっくりにする効果があるので、急激な酔いを防止します。
二日酔いの原因は、急激な酔いが大きく影響しているため、体内吸収を遅らせるカテキンには大きな期待が出来ます。
緑茶だったらコンビニや自動販売機でも簡単に手に入りますし、何よりも飲食店でも注文できるのが嬉しいですね。
さすがに海外旅行などに行った時には、緑茶はあんまり手に入らないかもしれませんが、日本にいる限りは緑茶を二日酔い予防で利用するのはおススメですね。
やはり身近なものを使って二日酔い予防が出来ると言うのは、すごく便利で良いと思います。

  • 2016/06/05 20:13:05